脳梗塞の初期症状が出たらすぐに対応を!

脳梗塞は起る部位によって症状が違ってきます

脳梗塞は脳の血管が詰まっておこります。
脳の血管が詰まると血管の先にある脳の部分に血液がいかなくなるため、酸素と栄養が補給できない脳の細胞は死んでしまいます。
すると死んでしまった脳の部分が司っていた働きが出来なくなります。
手が動かせなくなったり、言葉が話せなくなったり症状は脳のどの部分がダメージを受けたかで変わってきます。


脳梗塞には3つのタイプがあります。
ラクナ脳梗塞、アテローム血栓性脳梗塞、心原性脳塞栓症です。
ラクナ脳梗塞は脳の細い動脈でおこります。
高血圧の人に多く、細い血管で起るので症状が比較的軽く場合によっては症状が出ないこともあります。
アテローム血栓性脳梗塞は脳の太い動脈や、首の頚動脈で起ります。
血液中のコレステロールが増えて血栓が出来血管を詰まらせます。
太い血管で起るため重症になることが多いのが特徴です。
心原性脳塞栓症は心臓にできた血栓が脳に運ばれ脳の血管をつまらせることで起る脳梗塞です。
重症になるかどうかは、つまる血管の部位によって変わってきます。


脳梗塞になると様々な症状が現れてきます。
体の左右どちらかが動かせなくなったり、力が入らずものが持てなくなる、片方の目が見えなくなったり視野が半分欠ける、めまいが起る、ろれつが回らなくなったり急に言葉が出なくなったりするなどです。
このような症状が出たら急いで病院へ行って治療をを受ける必要があります。
脳梗塞の治療は速く受ければ受けるほど予後が良いので、たいしたことはないと思っても医療機関を受診した方が良い結果が得られます。

ピックアップ