脳梗塞の初期症状が出たらすぐに対応を!

脳梗塞は初めの症状後すぐに診てもらえば完治できます。

あれは一昨年の2月の寒い日の事でした。
母が「あーっ」と大きな声を出しました。
それは片腕がマヒして無くなってしまった様な感じがしたという事でした。

でも症状が治まったので医者には見せなくて良いと本人が言いました。
何となく気になる症状でした。

その日の晩にも同じ症状が出ました。

でもやはり直ぐに治まりました。
これはただ事ではないので、すぐに病院に行こうという事になりました。

でも、どの病院も見てくれませんでした。
それどころか、「手がマヒしても今は治っているのなら次の日に病院で診てもらっても大丈夫ではありませんか?」と、電話に出た事務員に言われてしまいました。
腹が立ちました。
「“大丈夫”って…、あなたは医者か?」と、こう言いたいところでした。

しかし結局翌日はこの病院にみてもらう事となります。
まさかここに来る事となるなんて思いもよりませんでした。
本当ならこんな場合は救急車で運んで貰うのが良いそうです。

でもやたら最近「救急車はあなたのタクシーでは無い」とのキャッチフレーズがあるために、現に意識のある程度の患者なので救急車を呼ぶのを躊躇してしまいました。
大変危険な判断でした。
これは実は脳梗塞の発作でしたので救急車を呼ぶのが妥当な線です。

救急外来ではどこも診てくれませんでしたので、翌朝に近くの医院につれて行きました。
すると即紹介状を書いて下さいました。
実はその紹介してくれた病院が前日に断られた病院でした。
大変最新設備のある病院なので、ここで診てもらえば間違いないとの事でした。
やはり脳梗塞でしたが軽かった事と発見が早かった事でぎりぎりセーフで助かりました。
今は元気に回復しています。
腹の立った病院で完治させてもらいましたので、文句はありませんでしたが、もしも違う病院であったなら、例え治っていても嫌な思いをした事と思います。
脳梗塞の患者で不幸にも寝付いてしまった人は倒れるまでに何度か小さな発作があったと思います。
小さな事でも即、病院に診てもらう事をお勧めします。
ほんの軽い発作でも救急車を呼んで良いと思います。

ピックアップ