脳梗塞の初期症状が出たらすぐに対応を!

脳梗塞に関する症状の説明が丸聞こえでした。

もう10年ほど前になりますが、うつむくと頭がふらふらするという症状が数日続いたことがあり、さすがに気になって、病院で検査を受けたことがあります。
幸い、割と近くに脳神経専門の病院があったので、特に深く考えず、そこで検査を受けました。
一通り問診してもらい、MRI検査等の処置を受けました。
結果としては、おそらくは肩こりによって血流が悪くなっているのだろうということで、必要な薬を処方してもらいまいした。
実際、数日服用すると、ふらふらするということもなくなりました。
よもや脳梗塞等の可能性も考えたので、本当にホッとしました。

ただ、自分の症状もさることながら、その病院で気になったのが、私とは別の患者さんに対して、症状を説明する声が丸聞こえだったということでした。
私とその患者さんとはパーテーションで仕切られているだけでしたので、聞こえても当然といえば当然でした。
ただ、その説明の中に「軽い脳梗塞の疑いがある」といった内容があり、さすがにそれはまずいだろうと感じました。
確かにお互い顔は見えませんが、医師でも看護師でもない人に、そんな重大な症状が聞こえるような設備でいいのかとだいぶ疑問に感じたのを今でも覚えています。
それに、向こうの声が聞こえるということは、私の症状の説明も聞かれている可能性が高いわけで、それを思うと次はこの病院では受診したくないなと感じました。
ただ、10年も前のことなので、今は設備が改善されていると思いたいです。

ピックアップ